2階リビングのメリット7選・ デメリット7選

小窓の数が多いイメージ




土地の状況によっては2階リビングを検討する場合がありますよね。
ただ、デメリットも多いと言われる2階リビングにした場合、後悔してしまうのでしょうか?

結論から言えば、確かに2階リビングにはデメリットがありますが、大きなメリットも多数ありますので、十分に検討すべきです。
今回はそんな2階リビングのメリットとデメリットをまとめました。

1.LDKを1階、それとも2階にすべきかが最初の選択肢

LDK
家の間取りを考えていく上で、最初に考えるべきはリビングです。
その中でリビングを1階に配置するのか、2階に配置するのか、が最初の選択肢です。

⇒ リビングの間取りを作る上での基本的な考え方や要望の伝え方を別ページにまとめていますのでぜひ参考にして下さい。

説明する必要も無いと思いますが、もちろん、リビングを1階か2階にするかで、間取り全体が大きく変わります。
また生活も大きく異なってきますので、どちらにすべきか熟慮する必要があります。
たまに2階リビングをイメージだけで嫌だと思う方がいらっしゃいますが、有効なメリットも多く、土地によっては十分に検討するべきものだと思います。

 

では早速メリット・デメリットを解説していきます。

2. 2階リビングのメリット7選

2階リビングにした場合のメリット7種類を解説していきます。

 2-1.リビングだけでなくLDKのスペースを広くできる(天井も含め)

1階には玄関が必要です。
玄関は靴を置く土間の部分やフロアに上がった後のホール(かまち)も含めると、1.5~2坪以上スペースが必要になります。

2階に玄関は不要ですので、2階LDKは1階と比較すると3~4帖分大きくできることになります。

注意
1階の寝室や子供部屋は小さくなる傾向にあります

また、2階リビングは天井部分を勾配にすれば、比較的安価に天井を高くできるメリットもあります。
空間としては1階に比べるとかなり広くできるでしょう。

注意
勾配天井を広く作れば、屋根裏や屋上を計画する場合はそちらが狭くなります

 2-2.リビングに採光を確保できるので狭小地にも有効

2階リビングの最大のメリットは採光が取れる部分と言えます。
特に都会など、土地の狭小地に有効です。

リビングが2階に位置しているので、1階に比べて入る日光はかなり多くなります。
特に真冬の日や朝日などは1階リビングはと光が入りづらいですが、2階はかなり入りやすくなります。

隣地との距離が短かったり、近くに高い建物があるなど、日光がリビングに入りにくい土地では2階リビングの方が最適になります。

 2-3.道路の通行人や近隣からプライバシーの確保がしやすい

特に南道路の土地は1階リビングの場合、ブロック塀や目隠しフェンスが無いと、夜は外から中が見えやすい環境になります。
日中でもリビングのカーテンを閉めっ放しになることは多々あります。

2階リビングの場合は少し距離をあけないと外からは見えないので、プライベート空間を保ちやすいメリットがあります。

 2-4. 2階バルコニー、屋根裏、屋上にアクセスしやすくなる

2階リビングならではのメリットです。
2階リビングにした場合は、2階バルコニーや屋根裏、屋上にアクセスしやすい間取りになります。

3帖以上の大きさの2階バルコニーを作れば、外で食事やお茶を楽しむことも簡単です。
(片付けも楽です)
また、倉庫代わりに使う屋根裏や、屋上などを作った場合も1階リビングの時に比べて使いやすさが上がります。

 2-5.リビングからの眺望が良くなる

リビングイメージ

採光を得られる部分とメリットが似ていますが、1階リビングに比べて2階の方が眺望が良くなります。
特に高低差があり、最初から見晴らしが良い土地の場合は、1階に比べて3mほど上がるので、見える景色は大きく変わってきます。

 2-6. 2階リビングは、実は介護に向いている

2階リビングは高齢になってくると階段の上り下りが大変になると言われています。
そのためか、介護が大変になるイメージを持たれることがあります。

ですが、実際には1階に寝室を配置するのが基本ですので、玄関から介護者を運び入れるのに便利です。
また、空き部屋(子供部屋)なども1階ですので、掃き出し窓で外から直接アクセスもしやすいメリットがあります。

ですので、実は介護に向いているのは2階リビングと言えます。

 2-7.意外に家事動線にも有効

2階リビングは家事動線から見ても便利になる一面があります(水回りを2階にした場合に限ります)。

特に洗濯物を外に干す場合に洗濯機から同じ階のバルコニーにそのまま干しに行けるからです。
また、2階は玄関が無い分、間取り上、各所に収納スペースを確保しやすいメリットもありますので、家事には向いていると言えます。

注意
1階の寝室の布団を2階のバルコニーに干す場合だけ大変になります。

3. 2階リビングのデメリット7選

2階リビングデメリット

続いて、2階リビングにした場合のデメリット7種類を解説していきます。

 3-1.1階に比べ、夏は暑くなり易い

2階はリビングに日が入りやすい上、直接日光が当たる天井に近いため、室温が高くなりやすいデメリットがあります。
ただ、近年は断熱・気密性能が上がっているので、以前に比べて1階との温度差は大きくありません。

 3-2.水廻りが2階になると排水音が1階で聞こえてしまう

こちらのデメリットは水回りを2階にした場合に限ります。
水回りの、特に浴室などの排水音が1階に聞こえやすくなるデメリットがあります。

特に寝室や子供部屋の真上に浴室を持ってくると、かなりのボリュームで排水音が聞こえてしまいますので、これは間取りの設計で絶対に回避しましょう。

 3-3.階段の上り下りが多くなり、荷物の移動が大変になる

リビング収納

2階リビングで最大のデメリットと思われる部分です。
特に買い物の荷物などは、玄関⇒階段⇒2階と運ばなくてはいけないので結構大変です。
もちろん、2階のゴミも階段を運ぶ必要がありますし、来客対応もいちいち1階までに言って荷物を受け取ったりしなくてはいけなくなります。

高齢になった時のことを考えると、大きなデメリットと言えます。
ただし、マンションと比較すると駐車場が近い分マンションよりもずいぶん楽に感じるのではないでしょうか。

 3-4.子供とのコミュニケーションが希薄になる可能性がある

考え方1つでメリットにもデメリットにもなる部分です。
子供が帰宅した後、直接自分の部屋にこもってしまい、コミュニケーションが希薄になる可能性があります。
これは1階リビングの場合でリビング階段では無い場合と同じデメリットです。

ただし、2階で食事をする、2階でお風呂に入る環境になので、両親が飲み物や食べ物を子供部屋に運ばない限り、2階に上がってこないことなどありえません。
逆に、子供部屋が小さく、2階リビングが広くて心地よい環境ならば、自然に家族は2階リビングに集まるはずです。

2階リビングはコミュニケーションが希薄になると言われてはいますが、実際に希薄になる可能性は低いと思います。

 3-5.水廻りが2階になるので工事費が上がる

このデメリットは2階に水回りを配置した場合に限ります。
水回りを2階にすると、防水部分はもちろんですが、給湯機から浴室までの距離が長くなるので、延長配管分の費用などが発生して高額になるケースがあります(大体15~30万円)。

回避策として、子供部屋が1部屋で良い場合は、水回りを1階に配置して2階リビングをさらに広くすることも可能でしょう。

 3-6. 2階リビングは子育てには不向き

2階リビングは子育てに不向きなデメリットがあります。
子供が小さいうちは荷物の搬入と同じで、外出時は子供を背負っての階段の上り下りは大変になります。
多少大きくなって、まだ階段の上り下りが自分で出来ない時期も同様になります。

 3-7.寝室や子供部屋の防犯が心配になる

2階リビングの場合、寝室や子供部屋は1階になるケースがほとんどです。
寝室や子供部屋のすぐ外が道路や隣地ということで防犯上不安になることがあるようです。

また、不審者が1階に侵入しても2階にいると気づきにくい、というデメリットもあります。
外構部分で侵入しにくい対策をするか、ホームセキュリティシステムを導入するなどの対策も必要かもしれません。

4.まとめ

上記解説した通り、1階・2階のどちらにリビングを持ってくるかは一長一短です。
ご家族で描く生活スタイルにしっかり合わせていく上で、上記を加味しながら優先順位を決めて、それぞれのデメリットをどうやって補っていくべきか考えて進めていきましょう。

最後までご愛読頂きまして有難うございました。



Recommend ―こちらの記事も人気です―