【経験談】ハウスメーカーと工務店のマジな違いや良し悪しは?




注文住宅で新築を検討する時、ハウスメーカーか工務店など、どこの建築会社にすれば良いのか悩むと思います。

今回はその中で、特にハウスメーカーと工務店の違いに関して解説していきます。

記事はこんな内容になっています。

記事の内容
  • 実際にハウスメーカーで勤務した私が経験談からハウスメーカーと工務店の違いを解説している
  • ハウスメーカーや工務店の違いを把握できるので、選び方が分かる
  • ハウスメーカーと工務店にイメージがあったけど、先入観が多かったことに気づく(多分です)

では最初に、ハウスメーカーや工務店を比較していく上での前提というか、考え方から解説していきます。

1.ハウスメーカーや工務店を比較する上での予備知識

ハウスメーカーや工務店

ハウスメーカーと工務店を比較する上で、事前に考え方を共有しましょう!

当たり前ですが、建築会社は生き残りをかけて、住宅の性能やスタイルはもちろん、営業スタイル、宣伝方法など、他の会社との差別化を狙って独自のカラーを打ち出しています。

その中で、例えばハウスメーカーなのに工務店のような手法を取っている建築会社もありますし、当然逆もあります。

これからハウスメーカーと工務店の違いを解説していきますが、あくまで「傾向」ですので、自分はハウスメーカーしか探さない、工務店しか探さない、とすぐに結論を出さないでください。良い建築会社との出会う確率が下がってしまうからです。

また、ウィキペディアなどで調べても分かりますが、「ハウスメーカー」と「工務店」という意味は明確に定義されていません。
つまり曖昧なんです。
だからこそ、人それぞれイメージがバラバラになってしまうわけですね。

ですので、この記事で平均的で正確な違いを把握しつつ、建築会社選びに役立てていきましょう。

2.価格の違い(ハウスメーカーってやっぱり高い?)

最も重要な「価格」の違いについて解説します。

もちろん、一般的にはハウスメーカーが高くて、工務店が安い、と言われています
そう言われる理由は次の3点です。

  • 住宅を構成する素材による価格差が大きい
  • 広告宣伝費や展示場出展などにより、ハウスメーカーの金額は高くなる
  • アフターサービス、保証などの費用で価格差がある

上記の中で、特に「住宅を構成する素材による価格差」が一番大きな理由になります。

私が住宅営業をしていた時、こんな経験がありました。

過去の経験談
私が勤務していたハウスメーカーとも1つ工務店で悩んでいる方がいました。
働いていたハウスメーカーをとても気に入ってくれていたのですが、予算よりオーバーしていました。

その方は住宅の設備や部材を同じにしても工務店の方が安いと思っていたので、ハウスメーカーと全く同じ設備や部材で工務店に見積りを取ったのです。
結果は、工務店の方が高くなりました。それで、勤務先のハウスメーカーと契約することになりました。

実はこの経験、1件だけでなく、何件も同じことがありました。

 

ハウスメーカーや俗にいう「標準設備」という形で、設備や部材を統一した商品を作っています。
例えば、断熱材は〇〇〇が標準で、△△△にするにはオプションとして金額が高くなる、という形です。ハウスメーカーの場合〇〇〇と△△△以外の断熱材は使えません。

設備や部材の選択肢が減ってしまいますが、同じ商品を大量仕入れすることで、設備や部材の仕入れ価格を抑えることが出来るのがハウスメーカーのやり方です。
さらには、自社で色んな設備や部材まで作ってしまう大手ハウスメーカーも多く、比較的コスパが良いのはハウスメーカーと言えます。

ただし、ハウスメーカーは限られた設備や部材しか使えないので、工務店のように一部の設備や部材のグレードを落として金額を調整することが出来ません。
工務店は逆に自由に調整ができるので、価格を下げることが出来るわけです。

補足
大手ハウスメーカーも含め、経常利益率が10%以上の建築会社はまずありません。
大体1~7%前後です。他の業種から見ると実はあまり儲かりにくい業界なんです。30年前から建築会社は大手も含めて倒産も多く、入れ替わりも早いです。

ハウスメーカー、工務店、それぞれの建築会社によって確かに価格差は大きいです。
ですが、やっぱり高いものは品質が良くて、安いものは品質が悪い、
ハウスメーカーでも工務店でも価格と品質はしっかりと比例していることを押さえておきましょう。

3.プランの自由度の違い(融通が利くのは工務店?)

工事現場のイメージ

上記価格の違いでも記載しましたが、プラン・間取りに限らず、設備や部材の自由で比較したら、概ね工務店に軍配が上がります。

プランや間取りに関して、例えばキッチンに造作の棚を作ってもらおうと考えても、大手ハウスメーカーですと出来ない場合が多いです。
オプションの選択肢の中にある、すでに形が決まった規格サイズの棚だったら設置ができるというわけです。

その他、工務店であればオリジナルの形やサイズのキッチンを作ることだって可能です。しかしハウスメーカーは基本自社で製造しているキッチンか、取引しているメーカーのキッチン(標準で決まっているもの)しか選択は出来ないことが多く、デメリットと言えるでしょう。

 

工務店は地域密着タイプの営業が多く、プランや間取り、コーディネートの打ち合わせなど、施主との距離が近く、一緒に作っていく感覚で進められます。
その点も含めて色んな部分で融通が利くのは工務店と言えます。

この自由度の高いというのは、工務店のメリットの中で最大のメリットと言えるでしょう。

注意
もちろん、ハウスメーカーでも自由度が高く融通が利くところは存在します

4.倒産リスクが高いのは工務店? 保証やアフターフォローが厚いのはハウスメーカー?

倒産のリスクに関しては、正直大手ハウスメーカーでも簡単に倒産する時代ですので、一概にどちらということは言えません。

また、仮に倒産したとしても、建築会社は保険に入ることを義務付けられていますので、保証が無くなってしまう危険性はそこまで高くありません。
詳しくは下記ページをご参照下さい。

また、上記ページに記載してありますが、10年間は必ず建物を保証するように法律で義務付けられています。

それ以降の長期保証に関しては、大手ハウスメーカーの方が30~60年などの対応をしていますが、金銭的なデメリットもありますのでどちらが良いということは言えません。

アフターフォローに関しても、結論から言うとどちらが良いということは難しいでしょう。こればかりは建築会社によります。
例えば、大手ハウスメーカーは、アフターフォローは子会社や専用の部署で対応することがほとんどです。

ですので、定められた定期点検や基本的なアフターフォローはしっかりと実施される傾向にあります。
工務店は新築時に関わった社員がアフターフォローすることも多く、かなりキメ細かい対応してくれる場合が多いと言えます。

ハウスメーカーか工務店、どちらのアフターフォローが良いかは好みによるでしょう。

5.工期の違い、施工の精度はどちらが上?

工事現場イメージ2

基本、工期はハウスメーカーが短いと言われます。
統計データではハウスメーカーは3.5~4.5ヶ月が平均、工務店は5~6ヶ月が平均になります

ハウスメーカーは規格されている設備や部材を使っていますし、工場などで大量生産された部材や設備を使っていますので、工期が短くなるのは当然と言えます。
「3.プランの自由度の違い」でも記載しましたが、工務店は様々な設備を造作することも多く、出来る限り施主の要望に応えようとする傾向が強いので、工期は長くなる傾向にあります。

工期に限らず、工務店は打ち合わせも長くなるのは必然かもしれません。
個人的な見解ですが、工務店の方が打ち合わせが楽しくなる傾向にもあるかもしれませんね。
私も経験上、お客様の要望に対して「それは弊社のルールで出来ないんです」と何度も言っていたのですが、当然がっかりされた回数も多かったです。

■施工の精度の違い
これも一概にはどちらの施工が良いかは、言えません。
工務店同様にハウスメーカーも地場の業者(大工、電気屋、クロス屋など)に依頼して工事を行っていますので、比較することは出来ないと思います。

ハウスメーカーは施工数が多いので品質が上がりそうですが、逆に依頼業者も多い分、管理や教育が進まないので、やっぱりどっちもどっちでしょう。

施工に関しては、ハウスメーカーと工務店を比較するよりも、木造・鉄骨メーカーを比較すると鉄骨の方が若干施工精度は高くなる傾向にあります。
ご興味ある方は下記ページをご参照下さい。

6.契約前、見積りが出るまでの違い

ハウスメーカーと工務店の違いは契約前にもあります。
それは見積りです。

特に建物の本体価格の算出方法に差が出てきます。

例えば工務店の場合は、柱1本〇〇円、窓1ヶ所〇〇円という、積み上げ式の見積りになる場合があります。
この見積りのメリットとしては、建物の詳細が明確になり安心感があります。
それに、どこの設備や部材をチェンジすれば費用を抑えることができるのか、一目瞭然になります。

逆に工務店の見積りのデメリットは、金額の算出までに時間が掛かることです。
例えば土地を押さえる買い付け前に見積りが欲しい場合、検討する上で早めに金額を知りたい場合など、急ぎにはデメリットと言えます。

それに対しハウスメーカーは商品の規格が決まっているので、例えば坪数で金額が決まる坪単価での算出や、建物の縦横の大きさに比例する算出など、計算が楽ですので比較的早く見積りが出せます。
デメリットは本体価格の明細が分からず不安になる部分があることです。

※なお、価格を「坪単価」で表現、比較する場合がありますが「坪単価」の表現には注意しましょう。
詳しくは下記ページをご参照下さい。

建築会社の営業マンによっては見積りの「諸経費」を操作してくることもありますので注意しましょう。
詳しくは下記ページをご参照下さい。

見積り算出の違いはそれぞれ一長一短で、どちらが良いというわけではありませんが、ハウスメーカー、工務店の見積りの両方を比較、相見積もりすれば金額に対する理解も深まるかもしれません。

注意
ハウスメーカーでも工務店のように見積りを出すところもありますし、またその逆もあります。

7.規模の違い(ハウスメーカーは大きいけど・・・)

規模を比較すれば、当然ハウスメーカーの方が大きいケースがほとんどです。

上記にも記載しましたが、だからリスクが低くて安心、ということは全く言えません。
逆に工務店によっては、規模が小さくても複数のフランチャイズに加盟することで、色んな工法、デザインを学んでいる場合もあり、
規模の小ささを活かし、対応力を強化しています。

私が勤務していたハウスメーカーも数年でどんどん規模が大きくなり、確かにスケールメリットは挙がったように思えますが、逆に顧客に対しての要望に応えるために自由度はどんどん下がっていったように思えます。

もちろん、規模が大きくなれば、品質に対しての価格を下げることが出来るのでコスパは挙がるのですが、規模が大きいことは決してメリットになるわけではありません。

8.まとめ

ハウスメーカーと工務店の違いが把握できたのではないでしょうか。

また、比較してもあまり意味がないことが分かってもらえたと思います。
最初からどちらが良いと判断せずに、一社一社丁寧に情報を集めていくことが後悔しない決断になるのではないでしょうか?

なかなか時間が無いという場合にはお勧めのやり方もあります。
無料で複数のハウスメーカーや工務店の間取りが取得できるサービスです。

プランや見積りを比較にするにはとても便利です。
もちろん、自分たちの要望に合ったハウスメーカーや工務店を客観的に紹介してくれます。契約後、建築会社に断りの連絡も代わりに対応もしてくれるのは気が楽です。
厳選された建築会社の間取り・プランを無料一括提案

私の個人的な注意点としては、複数のハウスメーカーや工務店からプラン・見積り出してもらえるサービスですが、間取りと金額だけで決めるのは非常に危険です。
サービスをうまく使うことは重要ですが、時間が無いからと即決せずに、必ず提案してもらった建築会社には足を運んで情報を集めて下さいね。

最後までご愛読いただきまして有難うございました。







Recommend ―こちらの記事も人気です―