契約までの進め方ポイントと家を建てるまでのスケジュール

スケジュールイメージ




注文住宅で家を建てる!

と思っても、実際にメーカーを1社に絞って契約するまでの流れやスケジュールのイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。

まだ展示場を見学されてない方はもちろんのこと、2~3社回っても営業マンからスケジュールの説明が無いと、意外にどうすれば良いのか分からない方が多いそうです。

本日は簡単に契約までのスケジュールを説明します

 

■契約までの大枠の流れ

○大体3~7社ほど住宅展示場を回り、営業マンから説明をもらう。

↓↓↓

○ハウスメーカーの候補を2~3社に絞り、「設計、プランの申込み」をします。
※「設計、プランの申込み」は下の方でご説明しますね。

↓↓↓

○2~3社と商談を進め、最終的な総予算書を作ってもらいます。

↓↓↓

○総予算書を確認して最終ジャッジを行い、契約をします。

大枠ではこのようなステップとなります。
少し分解してご説明します。

■住宅展示場のハウスメーカー3~7社回り、情報収集

まずは、インターネットで注文住宅のメーカーを調べましょう。
各社、様々な特色、ウリがありますので、イメージだけでも掴むと良いでしょう。

なお、私個人としては、鉄骨・木造メーカー、どちらも回ることをお勧めします。

鉄骨が良い・木造が良い、と思い込みをせず、情報を集めましょう。

仕事が忙しい方も多いと思うので、回る時間が無い方はネットでしっかり情報収集をして、すでに目星をつけてから回ると良いと思います。

で、回る際は次のことをしっかり意識して情報を集めましょう。

・「会社の信頼性」
・「住宅営業マン」
・「家の構造、商品」
・「価格」
・「間取りなど提案力」

■設計、プラン申込み

こちらが最も重要な部分です。

ただただ住宅展示場やネットで情報を集めていても全く前進しません。

展示場を回って色んな住宅営業マンの話を聞きながら、漠然とあのメーカーが良かったなぁという感想を持つとは思いますが、あなたが判断する上で必要となる材料「判断基準」はどこにもありません

正直言いますと、逆に色んなメーカーの営業マンの話を聞きながら、色んなことを思い込んでいってしまう危険性もあります。

必要な判断基準は「あなたが建てたいお家は、一体総額でいくらか」ということですね。

それを正確に導き出すために「設計、プラン申込み」というものがあります。

メーカーによって、申込み金が無料のところもあれば、1万・5万・10万円とバラバラです。

ただし、ほとんどが契約に至らなかった場合は返金してもらえるのでご安心くださいね。

設計、プラン申込み後に、住宅営業マンはあなたから要望や資金部分のヒアリングを行い、数回の打ち合わせを経て総予算書を作成し、提案致します。

その「総予算書」をどこかのメーカーで作ってもらわない限りは、自分の建てたい家がどれくらいの金額で経つかが見えてきませんし、他のメーカーと比較することもできません。

何社か展示場を回った後は、お気に入りメーカーを2~3社に絞り、設計、プラン申込みをする流れがスムーズだと思います。

※4社以上依頼すると打合せなどで大変になり判断もできなくなるので、一旦2社に絞りましょう。で、契約に至らなかったまた別のメーカーに設計申込みを依頼すれば良いでしょう。

最終的に2~3社から出た総予算書を見比べて、最終ジャッジ「契約」という判断をしましょう。

 

■家を建てようと考えてから、実際に家が建つまでの期間

続いて、家を建てると考えてから、どれくらいの期間があれば実際に家が建つのか、スケジュールのご紹介です。

最短では住宅展示場を回り出してから約6か月前後で可能となっています(即断即決が必要となりますが)。
ですので、大体「半年から1年以内」と見ておけば問題ないでしょう。
詳しいスケジュールは下記の表の通りです。
建築スケジュール
上記にてご説明した設計、プラン申込みをしてからの期間目安を記載しています。
こちらの表は、最短でのスケジュールでは無く、平均的なスケジュールと捉えてください。
・設計、プラン申込  「4/10」 を仮日程としています。
 申込みをしてから「11/19」で引き渡しになっていますね。
 つまり、表では約7ヶ月ちょっとの期間で設計、プラン申込みから引き渡しまで進められるわけですね。
・着工(工事開始)が「7/29」を仮日程としています。
 そこから引き渡しの「11/19」までは4か月弱となっていますね。
 つまり工事期間は大体4ヶ月前後と捉えてください(ハウスメーカーによって前後します)。
大体の目安はお分かりになりましたか?
ただ、ハウスメーカーによっても異なりますし、土地の状態や、お客様のこだわり具合などなど、色んな要素で変動するのは必然です。


そこは担当の営業マンとスケジュールに関してもしっかり打ち合わせを行って進めるのが良いと思います。



Recommend ―こちらの記事も人気です―