家を建てるベストなタイミングと大切な心構え

住宅とカレンダー




この時期、色んな注文住宅の展示場を回っていると、色んな住宅営業マンからこう言われることが多いですよね。

「家を建てるなら、【今】ですよ」

 

■家を建てるのが「今」な理由

理由は簡単ですよね。

・消費税が増税前だから(8%)
・住宅ローンの金利が安い

付け加えるなら

・2020年東京オリンピック開催前まで、建築資材が高騰していく可能性があるから

というのもありますね。

※2016年11月現在の情報です。

 

でも実際に、どれくらい「お得」なのでしょうか?

逆に言えば、家を建てることを先延ばしにすると、どれくらいのリスクがあるのでしょうか。

下記画像をご確認ください。

家を建てるタイミング

実は私が作って実際の勤務先で使っているものなんです(^^)

■住宅ローンの金利の影響が大

資料を見ると、今後の金利上昇・建築費高騰も可能性の話ですが、

長期で考えると、金利の影響が大きいですよね。

住宅ローン金利が1%変われば総返済額が数百万円も違ってきます。

すぐに金利が上がることは無いと思いますが、マイナス金利時代の「今」が底を付いていて、ここからは上昇しかないという情報は有力、というか、当然だと思います。

専門家の話では少なくとも2017年までの約2年間は大丈夫ではないか、ということです。

つまり、金利の視点だけで考えれば、購入は2年以内で検討するのが良い、ということになります。

消費税増税に関しては、金額はそこまで大きくないですし、増税後には「すまい給付金額」が増えるなどの国の援助もありますので、あまり気にする必要はないでしょう。

 

ポイントは
あなたの買いたいタイミング = 世間の買うべきタイミング

これがある程度マッチしたら購入と考えるのが良いと思います。

 

〇3年後に購入する予定なら、何とか2年以内に出来ないか検討してみる。

焦る必要は無いと思いますが、いつでもスムーズに動けるように、少しずつ住宅の情報収集は必須だと思います。

 

■家を建てる上での心構え

マイホームを建てる上で、最も重要な心構えの話です。

どんなに買いたいタイミングと世間の買うべきタイミングがマッチしても、心構えが不十分だと、最終的に判断できなくなってしまったり、判断を誤ってしまうことも可能性としてあります。

 

まず、あなたが注文住宅で家を建てる理由は何だったのか、ここを今一度見つめ直しましょう。

その原点となるきっかけが、実は計画を進めていく上でも住み始めた後も、実はとても必要な要素と言えます。

では、世間の方が家づくりを思い立ったきっかけは何でしょう。

1番は「家賃がもったないから」と感じている方が半数以上もいらっしゃるようですね。

もちろん理由は複数の場合も多いと思いますが、実際に私も接客していて「家賃がもったいない」とお答えになる方も多いと感じています。

しかし、人生で最も大きな買い物ですので失敗は許されません。また家を建てた後の住宅ローンや税金の支払いなどなど、下手すると大きな負担になることさえあります。




そんな時、家を建てた理由が「家賃がもったいないから」では希薄すぎると感じませんか?

理由が希薄だと

苦労 = 後悔

こうなってしまう可能性があります。

そうはならない為にも理由をしっかりと固めましょう。

■マイホームを建てる理由作り

難しく考える必要はありませんよ。
次の質問を自問自答してみるだけです。

〇誰の為に建てるのか?

自分の為ですか? 奥さん(ご主人)の為? お子さんの為?

〇その人の為にどんな家にしてあげるべきですか?

周りに自慢できる家ですか? 将来お金が掛からない家ですか?

 

真剣に考えてみましたか?

色々浮かぶと思いますが、最も優先すべき理由が導き出されてきたのではないでしょうか。

〇誰の為に建てるのか ⇒ 自分も含めて、ご家族みんなの為ですよね? 
 
 そして、戸建の場合は、あなたのお子様の、お子様(お孫さん)の為にもなり得るものです。


〇どんな家にしてあげるべきか ⇒ 突き詰めると、結局は、お家の最大の役割 【安全】 と 【健康】ではないでしょうか?

 

まとめますと

「ご家族みんなの安全と健康の為に家を建てる」

という理由に繋がってくると思います。

その理由が明確になっていれば、きっと後悔しない家づくりに繋がると私は信じています。

ぜひ、マイホーム計画の途中で一度、ご家族でお話して頂きたいと思います。







Recommend ―こちらの記事も人気です―



住宅とカレンダー